fc2ブログ

メガネ屋だってば!

RAYBAN OAKLEY TALEX トイズマッコイ で御馴染みのカスタムプロショップ日本メガネ店長のブログです。 お問い合わせは、メールでお願い致します。ブログ内のリンク先、一番上の項目から送れます。

3

RAYBAN(レイバン)のレンズを計測


世界最大 のサングラス販売量を誇る RAYBAN(レイバン)。


これだけ売れているのには当然 訳があるのですが、


最大の魅力の一つとして 光学的な裏付け に基づいた、 


既製品のサングラスとしては他を圧倒する素晴らしいレンズが


100年近くの歴史を守って来ているのです。


本来RAYBANはアメリカで生まれましたが、


現在ではイタリアの会社が販売権を持ち メイド イン イタリー


になっています。 アメリカ製からイタリア製に変わった事を境に


そのデザインも変わりました。 しかし現在では やはりアメリカ製の頃の


デザインが支持され 現行商品の多くは アメリカ製の リバイバル モデル が売り上げの多くを占める結果となっています。


その代表的なモデルが アビエーター、ウェイファーラー、クラブマスター等です。


ですのでこれらのモデルには 未だ 「ガラス レンズ」が使用されているのです。


究極の ユガミ ヒズミ の無い 世界が味わえるのです!!


しかし、しかしです。


現在のレイバンのガラスレンズとアメリカ製の頃のレイバンレンズでは、


大きな大きな違いがあるのです!


それでは御覧下さい。下の画像が私が計測した結果です。

1_convert_20110424181132.jpg


2_convert_20110424181209.jpg


1枚目の画像がアメリカ製レイバンです。
2枚目の画像が現在のイタリア製レイバンです。


レンズの中心厚が こんなにも昔と今では違うのです。


確かに現在のレイバンはガラスレンズなのに「軽い」と言う


素晴らしいメリットがあります。 素晴らしい技術です。


しかしその反面 落としたら ほぼ割れます。


ま、ガラスレンズなのですから当たり前と言えば当たり前なのですが、


私の様に往年のレイバン ファンからすると、 えっ!? 割れちゃうの!!・・・


と言う感覚です。


昔 よく 頭の上に乗せてコンクリートの上に落とすかたが多く、


それでも割れなかったです。 レイバンのレンズを割って来られるかたが 本当に少なかったです。



しかし 今は 非常に割って来るかたが 昔に比べ多い様に 感じます。


それは この 「中心厚」の違いからなのでしょうね。



ですので 昔からレイバンを知っているかたは、 是非、


気を付けて下さいませ。



もう昔の あの 頑丈で 割れない ガラスレンズでは ありませんので・・・


軽くて 使いやすい 今の ガラスレンズに 慣れて行かなくては・・・



<補足> 現在ではガラスレンズのほかにプラスチックレンズ仕様のモデルも


沢山出ていますので、昔の感覚で うっかり 車の中に入れっぱなし とか、


ゴシゴシ レンズを拭いちゃったり されない様 充分 御手入れには


御気を付け下さいませ 




コメント

w2644

いろいろご教授ありがとうございます。所有しているメガネはb&lのw2644という1,990年代に製造されたスポーツサングラスのようです。

Re: その「昔」とはいつ頃?



>k 様

はじめまして。

完全に年代を特定する事は出来ませんが。
大きな転換期は90年代です。

この頃。G-15XLTと言う 薄型レンズが出ました。
90年代には それらが混在していました。
ですので80年代以前でしたら ほぼレンズは厚くなっていると思います。
但し、B&L時代は強化レンズになっては居ますがモデルや 年代などにより
その製法を変えていますので 中心厚が全く同じとは限りません。

例えば代表的な所で ワンデラとウェイファーラーとではレンズの厚みの作り方が
異なります。
と言う具合に 一色単に「ここから ここまで」と断定するのはムズカシイのですが、
少なくとも90年代以前でしたらほぼレンズは厚めに作られていると思います。

その「昔」とはいつ頃?

初めまして。おっしゃる昔の厚いガラスレンズのレイバンとはいつ頃までのことを意味されるのでしょうか?
非公開コメント
My profile

Author : プロショップ日本メガネ店長

東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせは必ずメールでお願い致します。
店長宛のメールは「リンク」の中にあります、
「店長への質問・お仕事の依頼」
と言う所からメールを頂けると、
比較的早い回答が出来ます。
又は下記のメールフォームからお願い致します。

※コメント欄からのお仕事の御依頼はお受けできません。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FCカウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR