FC2ブログ

網膜色素変性症 糖尿病による視力低下に サングラス。

前回の 遮光レンズ」についての


ブログ記事が 思いのほか 反響が大きく 


「本当の事が聞けて 助かった」 と言う内容を多数頂きました。


メールを個別に頂いた内容で まとめさせて頂くと・・・


圧倒的に、 何を買って良いのかが分からない。 と言う


内容が多く 皆さん 本当にお困りなんだな と 再認識出来ました。






※もう一度 私の提案を 患者の皆様に御伝え致します。


先ず 「補助を受けるか 受けないかを」 必ず決めて下さい。


受けるのでしたら 遮光レンズは医療用レンズとして認定されていますので


当店の様な専門知識を持った メガネ屋さんに 行かれると良いと思います。


もし、「補助は受けない」 と言う事でしたら


遮光レンズを買われる必要性は 正直申し上げて 御座いません。


何故なら 他のレンズと比べて 何か特別に良い事があるかと言えば


無いに等しいからです。 むしろ誇大広告の方が目立ちます。


遮光レンズが「特別な理由」等は 作っているメーカーすら


あやふやで 正式な科学的実験が 私からすると 出来ていないに等しいのです。
(この事については前回の私の遮光レンズの記事を参考にして下さい)


何度メーカーに質問をぶつけても 毎回 回答は 納得出来ないものばかりです。


それでも 「認可を」受けている以上は 遮光レンズは 医療用レンズです。


ですので 「補助を受けられるかた」は遮光レンズが 必要です。



そして「補助を受けないかた 又は 受けられないかた」 は


無理して 遮光レンズを買う必要は御座いませんので


御自分に適した レンズを じっくり プロショップで 話し合って決めて下さい。


但し、御相談頂く メガネ屋さんは 必ず吟味して下さい。


レンズの知識だけではなく それぞれの患者様の症状を 


ある程度 理解出来ている事が 大切です。






さて 今回は 山梨県から 娘さんに連れられて


御婦人様が わざわざ 御来店下さいました。


症状は「糖尿病」による 視力低下です。


それに伴い 光に対する 順応性低下も起きています。


今回 「補助を受けません」ので 私の方で ベストなレンズを


チョイスさせて頂きました。
aa10_convert_20120207193351.jpg



今回 娘様から 色んな情報収集が 出来ましたので


相対的に判断し 調光レンズ を御買い上げ頂く事に なりました。


普段は室内や 夜ではレンズは 殆ど無色透明です。


一たび 紫外線や 可視光線を 浴びると・・・
aa11_convert_20120207193412.jpg

御覧の様に 瞬時に サングラスに早変わり 致します。



今回 娘様をはじめ 御家族皆さんが 私の話を


必死に聞いて下さり 食事療法も 頑張って下さると言う事に


なりました。 私は糖尿についても 一般のメガネ屋さんでは


教えてくれない様な事も お話しさせて頂いています。




もしこのブログを呼んで下さっている 皆さんの中で 糖尿を患って


おられるかたがいて どんな サングラスを 購入して良いのか分からないかた が


おられましたら 是非 私に御相談下さいませ。



病気のプロは医師ですが サングラスのプロは 私ですので


お気軽に なんでも 御相談下さいませ。


(出来ましたら メールで お願い致します)



コメント

非公開コメント

プロフィール

日本メガネ店長

Author:日本メガネ店長
東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせは必ずメールでお願い致します。
店長宛のメールは「リンク」の中にあります、
「店長への質問・お仕事の依頼」
と言う所からメールを頂けると、
比較的早い回答が出来ます。
又は下記のメールフォームからお願い致します。

※コメント欄からのお仕事の御依頼はお受けできません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

月別アーカイブ

FCカウンター

検索フォーム

QRコード

QR