FC2ブログ

RAYBAN RB4105 フォールディング ウェイファーラーについて。



今回は 現在 大ヒット!御礼中の


折り畳めるサングラスの 「フォールディング・ウェイファーラー」


について少し御話しをしたいと思います。




現在 余りに人気で 弊社でも仕入れても仕入れても

1週間を待たずして完売してしまう 人気ぶりです 

メーカーに注文をかけても 全く入荷の見通しが立たずに 困っています・・・





実はこのフォールディング ウェイファーラーは歴史が深く


レイバンがアメリカ製だった頃から あったのです。


当時のフォールディング ウェイファーラーは厳密に言うと


フランス製でした。 


どちらかと言うと日本ではマイナーなサングラスで


外国の方々に人気があった様に 記憶しています。


当時 あまり人気が出なかった理由に、



1)可動部分の「繋ぎ目」がとても目立ちました。
  隙間がハッキリ見えるほどです。 特に正面の繋ぎ目は 致命傷でした・・・

2)可動部分が比較的 早く緩み メガネ屋さんに持ち込まれる事が多かった。

3)色のバリエーションが殆どなく、選べませんでした。



上記の様な理由で 余り 日本では人気があったとは言えないモデルでした。


下の画像は ツイッタ―で御世話になっています @onlyhope7716 さんから


頂いた画像です。(御協力有難う御座います!)  是非参考になさってください。 
onlyhope7716_convert_20130827210349.jpg
コチラが フランス製の 元祖、フォールディング ウェイファーラーです★





現在ではイタリア製レイバンに代わり


このフォールディング ウェイファーラーに関してだけ申し上げれば


格段に作りが良くなっているのです!(笑)


あの目立った「隙間」が殆ど分かりませんし


直ぐ緩む様な事も殆どありません。


そしてなんといっても 飛躍的にカラーバリエーションが増え


コレクター心も くすぐる様になったのです。(ちょっと褒めすぎかな? 笑)




レンズサイズは 50サイズと 54サイズがあります。(本日現在)


しかし日本国内正規販売品は 現在は50サイズのみです。


54サイズは並行輸入品となります。
fowf1_convert_20130827190439.jpg

上の画像は 当店に持ち込みが非常に多い 54サイズです。



大きいサイズのウェイファーラーが欲しい!! 御気持ちは良く分かります。



が!




御気を付け下さい。




本来なら話さなくても良い 話しなのですが


これから「買おう!」と思われているかたに 重要な御話をさせて頂きます。


50サイズの国内正規販売品は 「特に問題はない」のですが


困った事に 54サイズの方には 非常に大きな問題点があるのです。





折り畳むとレンズに傷が付く恐れがあります。




「えっ!」  ですよね。 
fowf4_convert_20130827190546.jpg

お分かり頂けましたでしょうか?


ガッツリレンズの内側に 弦の一部が干渉してしまっています。


これでは 傷になる事も時間の問題かと思います。




その点、国内正規品の50サイズですと・・・
fowf3_convert_20130827190526.jpg
全~然、大丈夫なのです 


こう言う構造上の問題は 私の店では包み隠さず 全部ちゃんとお話を致します。



だって折角 折り畳めるサングラスを買っても 折り畳む度に傷が付くなんて



ヤデスヨネ★



最後に比較画像をもう一枚 
fowf2_convert_20130827190501.jpg

右側が 50サイズ。 左側が54サイズです。




違いは 一目瞭然 です。




これから 買うぞ! というかたの参考になれば幸いです。










それではまた次回をお楽しみに!


<お願い>
お問い合わせは メールでお願いします。
突然の御持ち込みや 電話での御質問には対応できかねます。
御予約で御待ちの方々の御迷惑になりますので どうか本当にお願い致します。

















RAYBAN ウェイファーラー専用 新ハイノーズパット!

兎に角 ウェイファーラーの御依頼が殺到中です 


御依頼の内容は 人それぞれなのですが ダントツで多いのは


鼻当てが合わない! と言う事です。




以前から弊社を御存知の方々は  私が開発したオリジナルパットの


「ハイノーズ パット」を御用命頂くのですが


まだまだ御存知ない方々も多く 皆さん本当に泣く泣く


ウェイファーラを着用なさっている状態の様です・・・




オリジナルハイノーズパットは 今まで「ブラック」のみでした。


しかしこの度 皆様の熱い御要望にお応えして・・・


じゃぁ~~ん!!



なんと、べっ甲色 を作っちゃいました★↓
wfa_convert_20130822191433.jpg

右側が「ブラック」 左側が新色の「べっ甲色」です★


サイズ寸法は 全く同じに作りましたので


まさにウェイファーラーの為の ジャストサイズです!!




早速 RB2140A 902 と言うべっ甲色の ウェイファーラーに


カスタムして下さった御客様の完成品です★


wfb_convert_20130822191450.jpg

wfc_convert_20130822191513.jpg

画像では 中々 このハイノーズパットの良さを 伝えきれないのですが


本当に コレが有る無しでは 全く装用感が異なります。


店内で疑似体験が出来ますので 御不安なかたは 是非 御試し下さいませ 



勿論 簡単に剥がれる様な シールで貼るのでは有りませんので
(水にも汗にも強くしています)


加工時間に早くても半日以上かかります。


乾かす時間を考慮すると丸一日頂くのがベストです。


混雑時には 数日を要します。


弊社で御買い上げ頂いた ウェイファーラーでしたら 特別価格でカスタムさせて頂きます。





兎角、サングラスは「雑貨」扱いされがちですが


実は本当に難しい 光学製品です。←私はあえてそう呼びます。


正しい位置で掛ける。 ズレない様に掛ける。
(度付き度なしは 関係ありません。 前回のブログを参照)


それがどんなに難しく大切な事なのかを ウンチク好きな私は


いつも皆様に語ってしまうのです・・・ 




ど、どうも すみません。






ではまた次回をお楽しみに~★




※追記※

本日 イチロー選手が4000本安打を達成しました!

そこで 余りに嬉しい事があったので 私の私的な事で恐縮ですが・・・


本日、新聞の「号外」が出ました。 私がイチロー選手の大ファンなのを

気心知れた御客様方は御存知でして なんと!

その号外新聞を記念に私に届けて下さったのです。

日中の御忙しい時間帯(仕事中)にも関わらず 

暑い中にも関わらず 数名の方々が 届けて下さったんです(泣)


もうイチロー選手の記録どころではなくて 感動しています。


JORDANさん、みずほさん、I様、K様、カズさん、金さん、

たーさん、О様、A様 皆様、本当に有難う御座います 

いつも優しくして下さって ありがとうございます。


本当に感謝しています。
ichiro+31_convert_20130822204525.jpg















ガラスの偏光レンズって、どうよ!? (TALEX レンズ)



当店には ガラスレンズ愛好家


の御客様が本当に多く 加工する私にとっては



腕の見せ所(笑)!!・・・と言いたいところなのですが



実は失敗も多くリスクを大変伴う メガネ屋泣かせの代物なのです 



加工中に失敗すると 当たり前ですが 高価なレンズがその時点で終了です。







その昔 私が駆け出しの実習生だった頃



まだ今の様にプラスチックレンズ全盛期では無く



まだまだ市場はガラスレンズ中心でした。



全自動加工機等は 触らせてもらえませんでした。
(レンズは全て 手で削っていました。)



修行中に先輩にガラスレンズの加工方法を教わるのですが



1回失敗すると 私が泣くまで叱られ続けました。



2回失敗すると 手が飛んできて、 3回失敗すると・・・足が飛んできました。



兎に角 おっかない先輩でした。



でも、今では本当にその時の事を 私は感謝しています。



今 私が ガラスレンズを正確に加工出来るとするなら



あのスパルタ先輩の おかげなのです 



今でも忘れません あの時先輩は



「必ず この手で削る技術が お前の役に立つ時が来る!」



口癖のように 毎日私に話して下さいました。




兎に角 厳しい先輩でした。




思い出話になってしまいましたが




いまだにガラスレンズを削る時には 条件反射で




良い意味でのトラウマが(笑)甦るのです。






さて、本題に戻らなくては 


今回も わざわざ遠方から御来店頂き


ガラスのTALEX偏光レンズで


御作り頂きましたので 皆様にも御紹介致します。
a14_convert_20130816185436.jpg

珍しい RAYBANのまん丸サングラスです。
a15_convert_20130816185531.jpg

ガラスの偏光レンズにシルバーミラーをかけました!


プラスチックレンズ特有の「ユガミ」が


どうしてもダメで 御相談の結果 「ユガミ ゼロ」の偏光レンズになりました。


お次は
garasu3_convert_20130816185241.jpg

ガラスで加工したくないベスト3に入るOAKLEYです(泣)


兎に角、難しいです。加工中に泣きそうになります。


しかし それ以上に御客様の笑顔を見たくて また作っちゃいました。


何故!!? スポーツグラスにガラスレンズなのか??


普通に考えると 衝撃に弱く 割れやすいので不向きです。


でもそこはちゃんと「理由」があるのです。


人それぞれなんですネ 


そして最後はコチラです
garasu4_convert_20130816185309.jpg

これまた OAKLEYです!!!


泣きながら加工しました。


こちらの御客様も 何故にスポーツグラスでガラスレンズなのでしょうか?


上の御客様と同じ理由でした。





如何でしょうか? お気づきかも知れませんが


ガラスレンズって綺麗じゃありませんか!?


私の写真撮影技術は カメラ同様 ヘッポコなのですが


それをカバー出来るほどの 透明感や色艶が お分かりになられると思います。


同じ色で作っても ガラスとプラスチックレンズでは 仕上がりの色目が


確実に異なるのです。


この綺麗な色に魅せられてしまうと もうガラスしか


使えなくなってしまうのです。


それから「ユガミ」です。 どんなに最高の加工技術をもってしても


「ユガミ」ゼロで仕上げるのは至難の業です。


顔にかけずに置いておくだけなら問題なくても


顔に装着すると ほぼ確実にユガミ ひずみは 出る物です。


ましてやそれらを 付けたり外したりすれば 尚更です。


その点 ガラスレンズは 先ずユガミ ひずみ は出ないのです。
(勿論 加工が下手だと ダメですが・・・笑)




もし皆様が レンズの選択でお悩みでしたら


これからはガラスレンズも選択肢に入れてやって下さいませ★


プラスチックレンズにはない「魅力」が沢山御座います。




但し、重さ だけは


プラスチックには勝てませんので あしからず・・・




それでは また、次回!





















プロフィール

日本メガネ店長

Author:日本メガネ店長
東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせはメールでお願い致します。
postmaster@nihonmegane.com  店長宛まで
又は下記のメールフォームからお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

QRコード

QR