FC2ブログ

RAYBAN レイバン サングラスの メンテナンス。

毎日 日本全国から色んな御客様が


御来店下さるので 色んなお話が聞けて とても楽しいのですが


その人数の分だけ 様々な「独自!?」のメンテナンス方法も聞けちゃうのです 





今回のブログでは 皆さんから伺った 悪い例 を交えて


御紹介して行きたいと思います 





先ず 私が皆様から伺う もっとも! もっとも!! もっとも!!!!!!!


多い一番 残念な事は 洗われていない と言う事です 
(今回 正しい洗い方は 省略します。 購入店にて御尋ね下さいませ。)




革を使ったサングラス等は別ですが


よほどの特殊素材でない限り 全て洗うのが大前提です。
(御自身で判断付かない場合には 購入店にて 御尋ね下さいませ)


ちゃんと洗われている御客様のサングラスは


5年 10年 使っておられていても 新品の様に ピカピカ!なのです。


逆に 洗われていないかたのサングラスは・・・ ガ~~~ん・・・(泣)



まだ1年も使っていないのに 既に4~5年使われたかのような状態なのです・・・





今回のブログでは レンズに焦点を絞って お話をしたいと思います。


御存知ないかたも多いと思いますが


RAYBANのレンズには 裏面マルチ と呼ばれる


レンズが モデルによって 沢山存在します!!←重要です。



このタイプのレンズは 通常のRAYBANレンズと違い



裏面からの反射、写り込み等を緩和する為に 特別なコーティングが施された物です。



扱いを間違え無ければ とても良いレンズなのですが



私の調べでは ほぼ9割近くの御客様方が 



このレンズの特性やメンテナンスを御存知ありません。



先ずはコチラを↓
・・シ狙convert_20130709193348

レンズが 物凄く剥げてますね~・・・


・・シ胆convert_20130709193413


もう一枚
・・シ点convert_20130709193433


如何ですか??



皆さんも経験、御座いませんか?



そして こうなる理由は分かりましたですか?





コレ、洗わないからなんです・・・


要するに御自分の「汗」や「まつ毛が触れている」から こうなってしまうんです・・・


使い終わったら しっかり洗いましょう! そうすれば かなり防げます。


そしてもう一つ プラスアルファとして


濡れた、もしくは湿った メガネ拭きと一緒にケースに保管すると


こうなりますので 合わせて憶えておいて頂くと良いと思います。





以前から 皆さんには RAYBANケースの注意点を


しつこいくらいに 御伝えして来ましたが


ケース本来の意味や 役割を是非! もう一度御確認下さいませ。


大切に大切に ケースに保管する事が 実はサングラスを傷める


原因の一つになっているのです。 どうか今一度 御確認をお願い致します。






それから予備知識として もうひとつ御話をします。



RAYBAN純正レンズは イザ!っと言う時に メーカー在庫が無くて



困ってしまう事が多々あります 



メーカーは過剰な在庫を 極端に減らしていますので



人気のある商品については レンズの在庫が無い事が多いのです。



お気に入りのレンズは 末永く大切にしたいものですネ 





自転車でも 自動車でも バイクでも カメラでも



どんな物でも 「正しく」大切にメンテナンスをしないと 



イザっ!と言う時に 壊れたり動かなくなったりします。



サングラスもメガネも 全く同じです。



どうか大切に 可愛がって上げて下さいませ。




 

プロフィール

日本メガネ店長

Author:日本メガネ店長
東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせはメールでお願い致します。
postmaster@nihonmegane.com  店長宛まで
又は下記のメールフォームからお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

QRコード

QR