FC2ブログ

改装の為、休業します。



大変ご迷惑をおかけしますが、
今月8月27,28,29日を
店舗改装の為、休業とさせて頂きます。

その間、営業は出来ませんが、
メールでの御相談には
対応が出来るようにしていますので
お困り事や御質問等は
遠慮なくメール連絡を下さいませ。
ただ、私自身も工事や改装に伴う作業を行うため、
直ぐに返信できないタイミングもあると思います。
その際には何卒お許し願います。

御不便をおかけしますが
何卒よろしくお願い申し上げます。

店長



レイバン オークリー トムフォードなどのレンズのコーティングについて・・・



先ずはコチラを・・・
↓  ↓  ↓
len5_convert_20181008180241.jpg
お分かりでしょうか???

それでは別角度から・・・
↓  ↓  ↓
len3_convert_20181008180211.jpg
レイバンの純正
ガラスレンズがこのような事に!
今ブログをお読みいただいている
皆様の中にも御経験のある方、
おられませんか?((+_+))

ブランドのサングラスを
売る方も買う方も
このレンズの厄介な現象について
スルーする訳には行きませんよね。

今回はこの、
純正レンズならでは
厄介な現象について
解説して行きたいと思います。

昨今、
ブランド物のサングラスには
この現象が多発しています。
その殆どが通称ARコート
と呼ばれているコーティングが施されている物が
大半です。
すなわち、Anti Reflection Coating
を略してARコートと呼んでいます。
このコーティングをレンズの裏面に
施すと光の反射や映り込みを防止出来て、
ゴーストと言う現象も緩和されるのです。
これらは何もサングラスだけではなく、
車のパネルや携帯電話などにも
採用されています。
ARコートはそれを施す
素材や製法によってさまざまですので
今回はあくまでサングラスという
カテゴリーに関しての話だと思って下さいませ。

そのARコートが
御自分のサングラスに施されているか
どうかのチェックは簡単です。
レンズの裏面をご覧ください。
len2_convert_20181008180148.jpg
この様に反射光の色が
紫色っぽくなっていれば
ARコート付きです。

それに対して、
ARコートが付いていないと、
len1_convert_20181008180122.jpg
この様に反射光が白っぽく
見えるのです。
※あくまで一般的な見分け方ですので、
特殊な物は除外します。


もしアナタのサングラスの純正レンズの
裏面が紫色に反射していたら
それは多分ARコートですので
取り扱いには充分お気をつけ下さいませ。


ではどう気を付けるかですが
1)カラ拭きは御法度です。

2)石鹸類では洗わない。

3)汗がついたままにしない。
(整髪料などもです)

4)使い終わったら
特殊な素材の本体では無ければ
水洗い(ぬるま湯やお湯はNG)を
しましょう。

5)願わくば、保管する時には
ケースなどに仕舞いっぱなしにせずに
通気良く保管してください。

これらに気を付ければ
買って直ぐに!
のトラブルが殆ど防げるはずです。
現段階で私が調べる限り
メーカーの公式サイトには
ARコートの不具合について
詳しい解説がなされているサイトは
見当たりませんでした・・・
レイバン
オークリー
トムフォード
ペルソール
ディオール



その他
高級なブランドサングラスには
海外特有の考えで
この様なARコートが
良かれと思って付いている事が
多々ありますので
トラブルになる前に
お手入れやその性能などについて
是非お気をつけ頂くと共に
高級品ですから上手に使って
少しでも長持ちする様に工夫を致しましょう(*^^)v

※あくまでブランドメーカー純正レンズの話です。
現在国内で多く流通している
「裏面マルチ表面ハードコート」や
「裏面マルチ」と呼ばれているレンズの
事ではありません。





メガネのネジ。




a1_convert_20141117192623.jpg
           ネジ。



「たかがネジ。
されどネジ。
あなどるな、ネジ。」


私がこの業界に入った時に
加工技術を教わった大先輩に
毎日、呪文のように耳元で
囁かれ、ネジを粗末にすると
手や足が飛んできました。 
今ではその先輩に感謝しています。

ネジを見極めるのって
本当に難しいのです。
物凄い種類とサイズが
あります。

メガネを買われた御客様には
殆ど分からない部分です。
よほど興味のある方は別ですが
そこまでこだわる方は
そんなには おられないと思います。

でも「こだわりましょう」。

こう言う所を見ると
そのメガネ屋さんの
技術や熱意が分かるものです。

メガネなんて、どれも一緒!
私はある種この御意見を
ごもっとも と思います。
でも世の中には
御来店頂いた
大切な御客様の為に、
「アンタのとこのメガネ、調子良いよ!」
の一言を仰って頂ける為に
見えない部分に
こだわるメガネ屋さんもいるのです(●^o^●)

その事は是非、
知って頂きたいな~と思います。

さてそれでは私が使う特殊な
ネジを少しだけ御紹介します。

皆さんは突然ネジが抜けて
往生した事はありませんか?
ネジって緩みます。
緩むのですがあまり御自分で
いじるのも何か嫌なんだよねー
と感じるかたは
少なくは無いと思います。

ですので私は皆様に
メガネを販売しますと
メーカーが最初から付けてくる
ネジは一度、捨てちゃいます 
(貴重なネジやビンテージ品などの
珍しい物は そのまま使用します。)
その代わりに
これから御紹介するネジに
交換しちゃうんです。
そうする事によって
最小限度ネジの緩み、
脱落を防げるのです。
ただし、メガネの材質や特性を
見抜きどれを使うかの選択は必要です。
相性が悪いと 結局は同じになってしまいます・・・

それでは先ずはコチラです。
a2_convert_20141117192645.jpg
ネジ溝に目には
見えないのですが
カプセル状の物をしみ込ませていて
ネジを締めるとそれらが割れて
ネジをロックしてくれる
優れ物のネジです。


お次はコチラ↓
a3_convert_20141117192702.jpg
こちらは赤ネジと言いまして
ネジの溝に樹脂材が巻いてあり
ネジを締めると その樹脂が
中で良い感じに食いつき
ネジの脱落を軽減してくれるのです。


最後です↓
a4_convert_20141117192720.jpg
こちらもネジ溝に
特殊なボンドを流し込んでいますので
ネジを締めるとロックしてくれる
役割があります。


私が使用する代表的な物だけを
御紹介しましたが これらの他にも
まだまだ沢山あります。
どれを使い、どれがベストなのかを
選択するのも私の重要な仕事です。

普段は日影の存在の「ネジくん」
実は色んな種類があって
皆さんの大切なメガネを
影で支えてくれている大切な存在です。

是非たまにはネジくんにも
注目して頂き
御自分のメガネがどうなっているのかを
そう言う目線で見るのも
楽しいですよ☆

メガネを可愛がる事は
何も本体だけの事ではありません。
鼻当て、耳かけ、そして「ネジ」。
全ての細かい部品にも
気を使い少しでも快適に
御使用頂ける様に私は
工夫をしています。

ネジが緩むのはある程度は
仕方がない事ですが
それらが脱落して使用できない
と言う最悪の事態だけは
チョッとした工夫で防げるのです。


それでは次回もお楽しみに~(^_-)-☆



営業時間変更の御知らせ。


取り急ぎの御報告になります。

1月25日(木)より
営業時間が変わります。

朝9時~夜7時までになりますので
御不便をおかけしますが何卒よろしく
お願い申し上げます。

お知らせ。


本日23日(木)は
諸事情により18時30分に
閉店させて頂きます。

プロフィール

日本メガネ店長

Author:日本メガネ店長
東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせはメールでお願い致します。
postmaster@nihonmegane.com  店長宛まで
又は下記のメールフォームからお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

QRコード

QR