FC2ブログ

レイバンRB2151 ウェイファーラースクエアー 偽物。




相も変わらず、
私の所には偽物、偽物、
偽物!

のオンパレードです。
nise1_convert_20200120173716.jpg
↑  ↑  ↑
コチラは私の元に持ち込まれて来た
最近流行の?ウェイファーラースクエアー。
(真っ赤な偽物。スーパーコピー品)




偽物業者は
プロですから手を変え品を変え、
そして場所を変え。
あらゆる所に販売形態を持っている様です。
最近の特徴は大手と呼ばれている
通販サイトでの「羊頭狗肉」作戦が主流の様です。
相も変わらず、なんちゃらオークションは
その宝庫でもあるようですが・・・


「万が一、偽物を掴んでしまったら
売っちゃうから良いんです!」
・・・どういう事?
偽物と知っていて自分が損しないように
それを他人に売るという事?
まじかッ!
話していてクラクラと眩暈がするので、
丁重にお断りしてお帰り頂きました<`~´>


正直な話し、
誰がどこで何を買おうと
私には全く関係ないのですが、
ほとほと疲れています・・・


私の所に持ち込まれる
レイバンは先にも申し上げましたが
本当に偽物が多くて
それを一々、
「こちらは偽物なのでカスタムしません」
「偽物なので修理しません」
と申し上げるのが
本当に、イヤ~な気持ちになるんです。
メンドクサイんです。
しかも、他の方々の予約時間を
お断りしてまで時間を割いたのに・・・


私は、通販は否定しません。
これからの時代、ますます増えると思いますし、
通販でないと買えない方もいると思います。
通販自体が「悪」だとは一切思いません。
偽物業者も、どうぞ勝手にやって下さい。
昔から、いつの時代にも、
こう言う犯罪はあるのです。
ただ、今は過去最高の出来で「精巧」になり
「販売方法」にネットを利用し
顧客データーをドンドン吸い上げて
それをまた更に別の業者に売りつける。

昨今、
個人情報、個人情報
言う割には、ネットでは簡単に
自分の名前や住所や電話番号を
打ち込みます。
カード番号さえも。
危機管理能力が
ネットだとマヒしてしまうのですね。

ですので
買う人は買う。
買わない人は買わない。
そう言う物です。

買う人は何度も買うし、
買わない人はネットでは
絶対に買いません。
ただ私が一番許せないのは、
偽物を掴んだと知っていて
それを転売する「輩」です。

こっそり、人知れず。

それを又、別の人が買う。

残念ながら、
これが今のネット社会。

ときどき思うのです。
インターネットって
個人個人の「良心」の元に
成り立っているのだと。

少なくとも、
私のお客様には
インターネットに振り回される事なく
「安心」と一緒にお買い物を楽しんで頂ければと
切に、切に願うばかりです。

気分のいい話ではないので
また時々にします・・・





OAKLEY オークリーの超頑丈なケース販売します。



今年はなるべく、
OAKLEYネタを増やしたい・・・
と思います。

その第一弾です(*^-^*)

弊社で売れているアイテムを御紹介です。
oak7_convert_20200119174328.jpg
見たまんまですが、
「ストロングBOX」と言います。

嬉しい配慮として、
この大きなストロングBOXのラベルは、
マジックテープになっているので
取り外しが自由なんです。
↓  ↓  ↓
oak1_convert_20200119174614.jpg
oak6_convert_20200119174353.jpg
パカッ!っと開けると・・・
oak5_convert_20200119174434.jpg
サングラス本体は勿論の事、
スペアレンズや、小物が入るようになっています★
oak4_convert_20200119174517.jpg
ジョーブレーカーのような
大型サングラスもスッポリ入ります(#^.^#)
oak3_convert_20200119174539.jpg
カッコいいです★
可動部分もしっかり
作られています!
oak2_convert_20200119174555.jpg
12,600円+税で
販売中です!!

一家に一台。
是非!
イイ感じです。





ゴルチェのサングラス・メガネが再熱しています!



jpg1_convert_20200111182230.jpg
(若かりし日のゴルチェ氏)

何やら、再熱しているようです★

余り御存知ない方も多いと思います。
私がこの業界に入った30年以上前に
メチャメチャ流行っていたブランドがありました。

ジャンポール・ゴルチェ
と言います。
バブリーな時代に
大変良く売れたメガネ・サングラスです。
当時は眼鏡屋の店主や販売員にも
ゴルチェファンが多く
販売する事がとても楽しくて
次回の新作発表を毎回
楽しみにしていた事をよく覚えています。

その当時の
ゴルチェサングラスやメガネは
50年代のクラッシックカーをモチーフにしたり
近未来的な構造を取り入れたり、
時にはサイバーチックに
時にはサイケデリックに
そして時にはパンクだったり
それはそれは当時としては
斬新で毎回新作が出る度に
売り手も驚いていました★

実は私もゴルチェの世界観に
感銘を受けデザインの勉強を
かじったこともありましたが
いかんせん、
こんな絵しか書けない私ですから

jpg6_convert_20200111183825.jpg
直ぐに挫折した事は言うまでもありません(泣)



と、言う事で、
もっぱら作品の収集をしていました。
jpg3_convert_20200111182320.jpg
このモデルなどは
大好きで同じ物を何本も買い集めていました♡

そんな思い出深い
ゴルチェが「今」熱いそうです!
今では考えられないほどの
お金のかかった作りになっています。
一歩間違えると「オモチャ」になりがちな
デザインなどを精巧な作り込みにより
ザ・職人的な要素を前面に出し、
後にも先にもこれだけの贅沢な
メガネ・サングラスは無いのではないでしょうか!?

流行は巡るとは言ったもので
まさかまた この時代に眼鏡屋として
出逢えるとは・・・感激しています。

ですので 少しでも
あの時の時代の最先端なメガネ・サングラス
を御存じない方にも知って頂こうと今回は、
私の秘蔵の蔵出しアイテムを30本だけ
販売しちゃおうと思います。
これらは約20~25年前に仕入れて
コレクションにと思って販売せずに
取って置いたものです。

今回の蔵出しアイテムは、
当時の定価を最大限維持しての
御販売とさせて頂きます。
例えば当時28,000円で売られていた
ゴルチェのサングラスと
現在の他ブランドの定価28,000円の
サングラスとを比較してみて下さい。
どれだけ この28,000円という価格が
「作りこみ」という点で「差」が
あるのか時代背景を考えながら御覧いただくと
非常に面白いと思います(*^-^*)


それでは、今回の蔵出しアイテムを
少しだけ御紹介させて頂きます。
jpg20_convert_20200114132651.jpg
一見は普通なのですが・・・
↓  ↓  ↓
jpg19_convert_20200114132636.jpg
表面に歯車を入れてクリア材で
閉じこんでいます!
↓  ↓  ↓
jpg18_convert_20200114132621.jpg
正面にも!
遊び心、満載です。
フレーム全体も、今では想像できないほど、
ガッチリ作りこんでいて持った瞬間に、
その作りの良さを感じて頂けると思います。


次は・・・
jpg17_convert_20200114132603.jpg
チタンで作られているのですが、
ナント!
jpg15_convert_20200114132525.jpg
フォークが、刺さってるんです((笑))
何故にフォーク・・・・?
というのは無しで、
先ずはこの作りに驚いて頂ければ(*^-^*)
jpg16_convert_20200114132543.jpg
良いんです。
フォークでイイんです。
無人島で困ったらコレを使って頂ければ。
こういう洒落を是非、御理解いただければと・・・((笑))


次はメガネ枠です。
当時、大変人気のあったモデルです。
↓  ↓  ↓
jpg23_convert_20200117164817.jpg
よ~く見て頂くと
作りの細かさが分かります。
jpg22_convert_20200117164800.jpg
画像では上手く色味が出ませんが、
金属が腐食したようなカラーリングで
どうやってこの色味を出したのか
今考えても分かりません。
jpg21_convert_20200117164739.jpg
芸術的なメガネです。


まだまだありますが、
今回はここまで。
次回、反響を見てその他の
モデルたちもご紹介できればと思います。


最後に、今回は「非売品」で、
完全に私の自己所有物ですが。
あの、松田優作氏の映画「ブラックレイン」で
掛けていた伝説のサングラスを御紹介させて頂きます。
jpg14_convert_20200114132458.jpg
この映画を御覧になられた方なら
どれだけ素晴らしい映画なのかを
御存知だと思いますが、
なんせ出演者の方々が凄いんです!
でもその凄い出演者全てを食ってしまう
松田優作 という俳優には惚れるしかありません♡
jpg12_convert_20200114132417.jpg
このサングラスが好きで好きで★
殆ど私は休日は無いのですが、
余りに掛けたくなると、
通勤が自転車なので
これを掛けて出社します!
jpg13_convert_20200114132438.jpg
是非、御存知ない方は、
映画「ブラックレイン」を御覧下さいませ★

それではこちらです。
↓  ↓  ↓
jpg9_convert_20200114132309.jpg
jpg11_convert_20200114132346.jpg
レンズにはゼロベースの
フラットレンズを採用しています。
↓  ↓  ↓
jpg8_convert_20200114132243.jpg
見た目は完全に、
溶接用のゴーグルです!
jpg10_convert_20200114132327.jpg
どれだけ頑丈に作られているのか?
これを見るとハッキリすると思います。
↓  ↓  ↓
jpg7_convert_20200114132219.jpg
86グラム!
最早、サングラスの重量ではありません(笑)
こう言うサングラスが掛けたくなる時があるんです。

この優作さん使用のサングラスにも、
バージョン違いが存在します。
それはまた別の機会に★


なんにしても、
このゴルチェのサングラスや
メガネが再度見直されて、
若い方からも支持頂いていると言う事は
嬉しいことです★

限定30本!を店内に陳列していますので
(無くなり次第、終了です)
是非御興味有ります方は手に取って
あの時代を感じてみて下さい。


<おまけ>
jpg2_convert_20200111182251.jpg
ゴルチェ氏のサインです♡











アビエーターのサングラスを昭和風に!



最近では
平成生まれのヤングでも
昭和の俳優やミュージシャンの
あの何とも言えない魅力に
引き寄せられ、
はたまた御両親の影響もあってか、
私の店では連日
昭和のサングラス
の話で盛り上がっています★


一口に
「昭和のサングラス」
と言いましても
ご興味ない方からすると、
ピン!っと来ないと思いますが
簡単に言ってしまうと
1960~80年代を中心に
名だたる俳優さんやスポーツ選手、
ミュージシャン、などなど著名な方々が
愛用していた
メガネやサングラスを指します。
そしてそのデザインや
掛こなし方が注目され
今でも多くのマニアを魅了しているのです(*^-^*)


ですので
私は誉め言葉で「昭和くさい」
と言う事をよく申し上げます。
「平成くさい」・・・は言いませんが
「昭和くさい」は
スマホもパソコンも
それこそビデオも
カラーテレビさえもなかった時代でした。
汚い話ですが、
「ぼっとん便所」にも
2~3回落ちました(+_+)
皆、楽しくそれなりにやっていた時代。
街にはお節介なおっさんや、おばさんが
一人二人いて
あちこちで怒鳴り声が聞こえて来たり、
家に風呂などなかったので
クラスの大半が銭湯を利用していて
大人とのコミュニケーションは
そこで覚えた様な時代。


あの時代を一括りに
「あの頃は良かったな~」
と知る者としては
今では昭和の物が全て
懐かしく思えて
戻れるものなら
あの頃に戻りたいと
本気で思う事があります(T_T)

不便な時代でしたが
今となっては、
「便利より不便の方が良い」事も
沢山ありました。

と、まあ、戻れる訳もないので((笑))
あの頃の時代を共有出来る方々と
楽しんでいます(#^.^#)
そんな時代のサングラスという事です。



さて、
本題です。
その昭和なサングラスの
代表的なモデルとして
先ずはアビエータータイプが
ノミネートされると思います。

現在でもアビエータータイプの
サングラスは
変わらず人気があるのですが
年々、その時代に合わせて
少しづつフォルムが変わって来ています。
今のアビエーターが嫌いな訳では無いのですが、
洗礼され過ぎて
なんだかオヤジには
小っ恥ずかしい・・・のです(>_<)
と、言うより
昭和くさくないんです((笑))
下の画像を御覧下さい。
↓  ↓  ↓
ab1_convert_20191203183413.jpg
一目でお分かり頂けると思いますが、
下が現行のレイバンアビエーター。
上がそれを私がチチンプイプイ!
と魔法をかけて作り上げた、
昭和風アビエーターです。
(昭和アビエーターを何十本もカスタムして下さっている、
N氏の物で比較してみました★)
同じ物だとは思えないと思いますが、
実は元々は全く同じ物なんです(*'ω'*)

アビエーターが似合う似合わないの
一つのポイントとして「鼻幅」があります。
現行のアビエーターを掛けると、
やけに鼻筋周りがスースーします((笑))
鼻幅が広すぎるのです。
もしアビエーターを掛けたいけど
なんか自分に似合っていないんじゃないかな~・・・
しっくりこないんだよね~・・・
と、お嘆きの貴兄には
是非、私の方法をお薦めします♡
但し、この方法は
元のレンズは使えなくなりますので、
レンズもカスタム致します。
ab4_convert_20191203183505.jpg
「タレ具合」を
皆様と相談しながら
あーでもない、
こーでもない、
と話し合いながら作っています。

そんな中、
ザ・ストラマーズの「ケンジ」が
またまた作りに来てくれたので、
昭和風アビエーターを
カスタムしました★
kenjia_convert_20191205174904.jpg
折角なので新譜の宣伝も!


こんな感じで、
鼻幅を狭くしています。
↓  ↓  ↓
kenjib_convert_20191205174929.jpg
玉型は全て
ハンドメイドで工具を一切使わずに、
昭和の俳優さんや
ミュージシャンの人達が、
撮影の合間に自分で
曲げていたであろう((笑))方式で
作っています★
kenjic_convert_20191205175012.jpg
(ちなみにケンジモデルは全て度付きです)
ケンジ曰く、
「二度と普通のアビエーターには戻れない!」
との事です(*^-^*)
最近ではLIVE中も
掛けてくれています★
ボーカルの岩ちゃんは
亡くなってしまいましたが、
他のメンバーで精力的に頑張っています。
応援、よろしくお願い致します。


最後に、
いつも青森からお越しくださる、
I氏の松方さんモデルです★
ma3_convert_20200110171157.jpg
特にレンズの色味には
気を付けて作成しました。
ma2_convert_20200110171136.jpg
このモデルを作っている時には
松方さんがハンケチで
おでこを拭いている姿を
イメージしながら作ります★
ma1_convert_20200110171109.jpg


いや~
楽しいですね~★

あの頃、あの時代、
あの人を思い出しながら作り、
そしてオーナー様に掛けて頂く。
私も幸せ♡
オーナー様も幸せ♡

これでイイのだ。


<お願い>
日頃、私は店頭には居ません。
御仕事の御依頼は、
事前にメールでお願い致します。

お電話でのお問い合わせは、
御遠慮願います。
恐縮でございます。
店長













今年もよろしくお願い致します。


昨年中は、
色々と本当にありがとうございました。

今年も変わらず、
皆様から頂戴しました御仕事を
コツコツと魂込めて行いますので、
何卒よろしくお願い申し上げます(#^.^#)



そして、
この場をお借りしてお願いです。
御仕事の御依頼は
メールでお願い致します。
お電話でのお問い合わせや、
突然の御来店は御遠慮願います。
私の元には全国からあらゆる患者様方が
お越しになられます。
特に発達障害の子供達や、
アーレン症候群、光過敏、眼球使用困難症、
網膜色素変性症、糖尿性網膜症、
レーシック後遺症、などの患者様が
非常に多く毎日が真剣勝負です。
出来る限りの早いメールの返信を心がけていますので、
何卒ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
店長



プロフィール

日本メガネ店長

Author:日本メガネ店長
東京都 府中市 清水が丘3-23-30
カスタムプロショップ
日本メガネ店長のブログへようこそ!

RAYBAN OAKLEY
トイズマッコイ(メガネ・サングラス)
TALEX
正規ディーラーです。
販売だけではなく、
修理やカスタムも得意としていますので
何でも御相談下さい。
(要メール予約)

また、発達障害などによる
光の感受性障害、
視知覚問題、
アーレンシンドロームなどの
サングラスも作成しています。
学習困難を抱えている方、
もしくは御両親は私まで
メールで御相談下さいませ。

御電話での御問合せは御遠慮願います。
お問い合わせはメールでお願い致します。
postmaster@nihonmegane.com  店長宛まで
又は下記のメールフォームからお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

FCカウンター

検索フォーム

QRコード

QR